jpg EOS JAPANホームページ ■今後の展望 今年は3名で活動を開始する予定です
2022年に向けて各ターミナル内の様々な場所でWHILL自動運転サービスの実証実験を行ってきました